妊婦

二人目不妊の原因特定は信頼できるクリニックに相談がカギ

二人目不妊の様々な原因とは

一人目は普通に妊娠できたのに、なぜか二人目がなかなか出来ない…という女性が今増えてきています。よく「出産後に二人目を妊娠しやすい」というのを耳にするかと思いますが、実はそうではないという方も多くいらっしゃるのです。
その二人目不妊の原因なのですが、二人目不妊には様々な原因があるとされています。例えば、一人目を出産したことによる子宮や卵管などの環境の変化や、夫婦生活の環境によるストレス、さらに一番多い原因が「加齢による子宮環境や卵子の老化」だと言われています。加齢による老化は避けては通れないので、加齢が原因で二人目不妊になってしまう方も非常に多いです。他には、一人目の切迫早産や帝王切開などが原因で不妊になってしまうという場合もあります。
こういった原因が多い二人目不妊ですが、一人目を出産しているということから、生殖機能に問題がないという場合がほとんどですので、不妊治療を受けずに生活環境の改善や体質などの改善をすることで妊娠しやすくなる可能性もあります。しかし、何故か妊娠しにくくなってしまったと思ったら、一人で抱え込まずにまずは産婦人科医などの病院に行って不妊の原因を特定するということも大切です。

二人目の不妊の原因として挙げられる要素

少子高齢化社会といわれている日本。特に子供が欲しいわけではない夫婦や、それ以前の問題として晩婚化によって子供が授からないという夫婦もいらっしゃいます。その中にも一人目は無事出産し、二人目が欲しいと望んでいる夫婦もまたいらっしゃいます。しかしどういうわけか不妊となり、なかなか子供が授からないと首をかしげているケースもまた増えているのです。
二人目の不妊の原因としては昨今の研究で色々判明しているのですが、その原因の一つとしてストレスが挙げられています。現代の日本ではストレスをため込みやすい社会になっていると言われていることがあります。それは仕事によるものであったり、あるいは育児によるストレスだったり考えられます。母親がストレスを抱えるとなると、育児によるものが考えられるでしょう。あるいは共働きをしている家庭ならば、仕事によるストレスでなかなか妊娠しないというケースも充分に考えられます。それに関しては二人目というだけに留まらず、一人目が不妊状態ということも多い原因の一つです。
子供は授かりものといわれます。しっかりと営みをしているにもかかわらず不妊状態になっているならば、病院に相談してみるのも大切ですが、今の生活を改めて振り返り、ストレスをためているのではないか?と探ってみるのもいいでしょう。思い当たる節があれば、ストレス解消のために何かを始めてみるのも一つの手です。

二人目の不妊の原因はクリニックに相談を

一人目を無事出産し、誕生したわが子に喜びを感じている夫婦は多いでしょう。そして中には元から子供は一人だけではなく二人目も考えていた夫婦もいるでしょう。しかし現実で見ると、なかなか二人目は授からず、まさかの不妊状態になっていることもまた多いです。その原因というのは妻にあることもありますが、夫にもある場合もあります。どちらでも原因として考えられるのがホルモンバランスが崩れている影響です。それによって生殖に関する機能が損なわれ、不妊に至っているというものです。
女性の場合は生理不全や、あるいは子宮や卵巣に問題が発生しているというものでしょう。子宮関連の問題にはただのホルモンバランスの不全によるものだけでなく、一人目の出産の影響もまた原因になっていることがあります。例えば帝王切開によって出産した影響により、なかなか二人目が授からないというケースは実際に報告にあるのです。
他にも原因となるのが年齢による影響です。やはり三十歳を超えてくると二人目を授かるのは難しくなってくるのが現実です。晩婚化による影響もあり、子供がなかなか授からないということも多いので二人目というだけでなく、一人目を授かることすら難しいものです。不妊に関する悩みは夫婦の間で抱え込まず、クリニックに相談し自分たちの場合は何が原因なのかをはっきりとするところから始めてみましょう。

menu

update contents

このページのトップへ